一人っ子の性格と一人の子の性格

一人っ子だった女の子が母親になって思うこと

一人っ子の心理

一人っ子の女の子はひとり遊びが好き?小さな人形の物語

一人っ子って遊び相手がおうちの中にいないから寂しそうって思われがちだけど、意外と私はひとりの時間が好きな女の子でした。母が買い物に行ってお留守番するときは、母が家を出ると同時に人形を取り出して、一人で物語を作って遊ぶのが楽しかったんです。



【スポンサードリンク】


一人の時間は自由な時間

なぜそうしていたのか分からないけれど、母がいるときにはお人形で物語を作って遊んでいるところを見られたくない気持ちがあり、母がいなくなるのを待っていました。

そして母が出かけると、小さな人形が入っている入れ物を取り出してきて、本棚や机の上に配置するんです。

人形って言っても、プラスチックでできた小指の第一関節よりも小さな動物の人形です。お菓子の景品で、結構集めていたので20個くらいは持っていたように思います。

それを高いところに何匹かおいて、床にも何匹かおいて、崖から落ちた仲間を救ってあげるみたいなストーリーを描きながら、糸とかで縛って助けてあげるようにしてみたりと色々試行錯誤遊びました。

自分だけの時間を大切にしたい思い

母が自転車で買い物から帰ってくると、家の前に自転車を止める音がするんです。

その音がすると、ささーっっと全部の人形を集めて入れ物に戻し、何事もなかったかのように「おかえりなさい」といったものでした。

今思うと、なぜそんなにこそこそしていたのか分からないけれど、一人っ子なりに?自分のワールドがあって、その中には入ってきてほしくない思いがあったのかなって思います。

一人で過ごすことに慣れているのは一人っ子のいいところ

一人っ子って、一人でいて寂しそうっていう人もいるけれど、きょうだいっ子は逆に一人でいる時間が少ない分、一人でいることに耐えられない子が多いんじゃないかなって思います。



【スポンサードリンク】


うちの子たちも一人は買い物についていって、一人は家にいるっていうからお留守番させたら、30分くらいしたら電話がかかってきて、「寂しいよう!いつ帰ってくるの!?」なんて言ってきたりします。

その点、小さなお人形を並べて一人の時間を楽しんでいた昔の私は、母の買い物ができるだけ長くかかることを願っていたので、一人でいることに慣れていたんだなって思います。

学校でも、一人でいることが平気で楽なことがあります。お昼ごはんの時間です。

小学校までは班とかが決まっていて、一緒にお弁当を食べると思いますが、中学校に入ると結構自由になりますよね。

たいていクラブが一緒の子とか小学校から仲のいいことかで集まって食べていたりします。

でもいつも一緒に食べている友達が委員会活動で不在だったり、欠席だったりすると、一緒に食べる友達がいなくなってしまったりするんですよね。

そんなとき、私は意外と平気で一人で食べ始めるのですが、一人で食べていると、他の友達が「ひとりなの~?一緒に食べようっていえばいいじゃん~!」とか言って誘ってきてくれたりもしました。

内心、なんで一人で食べてちゃいけないの?って思ったりもしましたが、そんな風に誘ってきてくれる友達がいたのはありがたいことだったなぁって思います。(*´ω`)

女の子ってちょっと面倒

でもこういうとき、女の子ってちょっと面倒だなって思います。

男子はひとりで食べていたって平気な子が多いのに、なんで女子はこんなに集まりたがるんだろうって。

一緒に食べたからって、そんなに弾む会話があるわけでもなく、私はあまりしゃべらないほうだったので、一緒に食べているのに会話がない空気の方が辛い・・・みたいな部分もありましたね。

一人の時間と一緒の時間のバランスって難しかったなぁとその頃の心境が思い出されます。



【スポンサードリンク】


-一人っ子の心理